ハミングウォーター ブログなどから考察するフローズの品質

SNSの情報やブログのお話からフローズの品質は高い

昨今は、SNS等からハミングウォーターの情報を得られるようになりました。ここでブログから見受けられるハミングウォーターのフローズの品質に触れた記事を参考にして、その良さを確認して見ます。大半が実際に利用なされている方のエビデンスとなっており、信頼性に長けたものでした。確認できたことは天然ミネラルを多く含んだ成分となっており、その味・品質は非常に高くて満足をしているという記述となっていたのが特徴です。

サイズ(横幅・奥行・高さ)は?段ボール梱包されて届きます

ハミングウォーターの場合、会社から送られてくるダンボールの中のサーバーが梱包されています。最近では自宅前に宅配ボックスを備えている家庭も多いことでしょう。留守中にハミングウォーターが届いた時の受け取り方・保管の仕方の情報にも触れていきます。まず段ボールのサイズは240で、高さが140センチメートル・重さが25キログラムです。宅配ボックスには入れられませんが、直接受け取る際は配送スタッフが自宅内まで届けてくれます。

溶解性鉛のろ過も可能なの?

ハミングウォーターのフローズは、人体に悪影響があると言われている溶解性鉛をろ過することが可能です。一般的な装置だとフィルターの目が約1ミリと大きいので、鉛がすべて通り抜けてしまいます。ところがハミングウォーターのサーバーに備わっているのは、自社独自開発のナノフィルターとなっており0.05ミリの非常に細かい目です。これで鉛をしっかりとキャッチして、安全で美味しい飲み水のしてくれるのが特徴になっています。

フローズの管理がめんどくさいらしい?気になるお手入れ事情

ブログに目を通すと、フローズのお手入れがめんどくさいという記述が多くなっていました。本体内部に備わっているフィルターは1週間に1回は取り換えて、さらの中性洗剤を使用して清潔に洗うことをメーカーは推奨しています。この点をSNSでは面倒だと書かれていますが、発想を転換させるとそれだけ手間をかけることで、安全な飲み水を確保できるというわけです。フィルターは専用の取り出し口から外せるので、さほど取り替えに時間は掛かりません。

一度に使える水の量は?|内部タンク量は冷水・温水・常温水で違う

フローズで一度に使える水の量は、20Lとなっています。内部タンクには合計20Lが入っており、これを冷水温水・常温水の3種類で飲むことが可能です。1本のボトルで家族4人暮らしの1日分の分量という目安があり、飲み水はもちろんのことお料理・赤ちゃんのミルク入れに使用もできます。お湯は最高80度になって出てくるので、コーヒーやお茶を入れるのにもいいでしょう。冷たい水は2度まで冷えているので、そのまま飲むのに最適です。